住宅ローンについて

タイトル:住宅ローン
上手な住宅ローン活用のポイント

どんなに住宅ローンの金利が低くても、予算をオーバーしてしまっては何の意味もありません!
無理のない住宅ローンを組むポイントは、まず予算オーバーを抑えることです。
どんな金利の低い条件の良いローンを組んだとしても、元々の借入額が増えてしまえば、返済の負担は大きくなってしまいます。
そしてもう一つは、頭金を増やす方法を考えることです。

<住宅ローンのポイント4つ>
・予算と総費用のバランスをチェックしよう。
・頭金を増やして無理のないローンを組もう。
・住宅ローンの種類
・最大400万円が戻ってくる、住宅ローン減税制度を活用しよう。

 ~住宅ローンのポイントその1~
▼予算と総費用のバランスをチェックしよう。

家づくりには建物本体工事費以外に、ガス工事や屋外電気工事、地盤や基礎の補強工事などの「付帯工事費」、住宅ローンにかかる融資事務手数料や各種税金などの「諸費用」がかかってきます。 これらを足した総費用と、「建築中にかかる仮住まい」「引越し費用」「新しい家具」「家電製品」の購入費用を合わせて、あらかじめ想定していた予算とのバランスを確かめましょう。 なるべく予算内に収めることが、無理のない住宅ローンを組むための最大のポイントです。

 ~住宅ローンのポイントその2~
▼頭金を増やして無理のないローンを組もう。

借入額が3,150万円の場合、毎月の返済額は12万1,227円(金利3%・35年返済)になりますが、頭金を350万円増やせば、借入額が2,800万円となり、毎月の返済額も10万7,758円まで下がります。借入額を抑えた分、利息の支払いも少なくなり、返済総額で約216万円も少なくなります。

頭金を増やす方法!?

頭金を増やす方法 頭金の資金を短期間で増やすことは大変ですが、もしも親からの協力が得られるなら、節税対策にもなる「相続時精算課税制度」を活用しましょう。 親から20歳以上の子供への、住宅資金取得贈与なら3,500万円まで非課税になります。 今すぐ頭金を増やしたい人にはおすすめの制度です。

 ~住宅ローンのポイントその3~
▼住宅ローンの種類

現在の住宅ローンの代表格は、長期返済・固定金利タイプの「フラット35」。
また、最近は民間の銀行、信金、信用組合、生保、JAなども様々な住宅ローンを扱っています。
こうした金融機関では、100%融資も可能になってきていますが、どこで借りる場合でも、年齢・年収・勤続年数・現在の借入等によって審査が必要となります。

 ~住宅ローンのポイントその4~
▼最大400万円が戻ってくる、住宅ローン減税制度を活用しよう。

住宅ローン減税とは、簡単に言えば、家を買うと 収めた税金の一部が戻ってくる(控除される)制度です。2012年12月末日までに住宅を取得・入居すると10年間にわたって、最大400万円まで控除されます。
※住宅ローン減税を受けるためには、所得や住宅が一定の条件を満たしている必要があります。